資格取得のために|資格を取得すればどこでもマッサージ師として働ける
女の人

資格を取得すればどこでもマッサージ師として働ける

資格取得のために

男の人

養成課程の修了が必要

体の機能は、事故や病気などによって失われてしまうことがあります。失われることで日常生活が困難になるのですが、リハビリテーションをおこなえば、その機能が回復することもあります。そしてそのリハビリテーションをサポートをするスタッフが、理学療法士です。体の機能が低下した高齢者が増えていることから、現在では理学療法士の需要は高まっています。しかし理学療法士になるためには、専門の資格が必要となりますし、その資格は、国家試験を受けなければ取得することができないのです。加えてその国家試験も、専門の養成課程を修了しなければ受けることができません。そのため理学療法士を目指す多くの人が、養成課程のある学校に通っています。

試験内容や合格率

具体的には理学療法士になるための学習は、大学または短期大学や専門学校でおこなうことができます。大学の場合は原則として4年間、短期大学と専門学校の場合は3年間通うことが必要となります。いずれの場合も、指定されている単位を全て取得すれば、国家試験の受験資格を得ることができます。国家試験は、各地域の主要都市で、年に1回おこなわれています。内容は、生理学や臨床心理学などにおける筆記試験となっていますが、目が不自由な人の場合、筆記試験ではなく口頭試問で受けることが可能です。合格率は70〜80%なので、単純計算で4〜5人に1人が不合格となっているのですが、その場合でも受験資格は残ります。つまり、翌年以降に再受験することができるわけです。