医療事務の仕事がしたい|資格を取得すればどこでもマッサージ師として働ける
女の人

資格を取得すればどこでもマッサージ師として働ける

医療事務の仕事がしたい

レディ

医療事務の注意点

人の命を救う仕事がしたいけれど、医師や看護師はハードルが高いと考えている人の間で、医師事務作業補助の職業が人気です。医師事務作業補助の業務は、医師の作業負担を軽減する目的で創設され、医師の事務作業をサポートすることがメインです。医師事務作業補助の業務をするために資格は必須ではありませんが、幅広い医療についての知識が求められるので注意が必要です。このため前もって医師事務の知識を身につけるため、資格取得しておいた方が良く、就職でも有利です。医師事務作業補助に関する資格は色々あり、有名なのは医師事務作業補助技能認定試験です。他にも医療秘書技能検定や医師事務作業補助者実務能力認定試験、メディカルセクレタリー認定試験もあります。

医療事務の特徴

医師事務作業補助業務は大別すると4つあり、診断書等の医療資料作成補助とカルテへの代行入力、医師の医療向上できるようサポートすることや行政への報告対応です。どれも今まで医師が行ってきた大切な業務で、これを引き継いで行うため非常にやり甲斐があります。そのためには医師事務作業補助の資格取得が大切ですが、中には受験条件のある資格もあります。先に紹介した資格の中で医師事務作業補助技能認定試験がそれで、学校で所定の科目を履修することや実務経験が受験条件となります。しかし試験に合格すればドクターズクラークRの称号が付与され、就職で非常に有利です。合格率も平均して60%と高めで難易度も高くありませんので、積極的にチャレンジすると良いでしょう。