男女

資格を取得すればどこでもマッサージ師として働ける

身近な地域で活躍するプロ

マッサージ

幅広い分野での活躍も

マッサージの仕事を行うためには「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格が必要です。資格取得のためには養成学校を卒業して国家試験に合格する必要があります。あん摩マッサージ指圧師は医療系資格の一つであるため、養成学校では解剖学や生理学などといった基礎医学を学ぶ必要があります。養成学校への入学を検討している人は、人体の構造について予習しておくと効果的に学ぶことができるでしょう。あん摩マッサージ指圧師として実務経験を5年以上積むと介護支援専門員(ケアマネジャー)の受験資格を得ることができます。マッサージは高齢者の介護予防やケアに有用であることから介護との関連も深く、介護や福祉に興味がある人はその分野のことについても学んでおくと将来的に幅広い分野で活躍することができます。

色んな人が活躍しています

あん摩マッサージ指圧師は「はり師」および「きゅう師」、いわゆる鍼灸師と併せて取得されるケースが多いです。あん摩マッサージ指圧師とはり師、きゅう師の三つの資格を持つ人のことを「鍼灸マッサージ師」と呼ぶこともあります。三つの資格があると自ずと施術の幅が広がるため、独立・開業はもちろん、勤務するにあたっても様々な患者への治療が期待できます。なお、あん摩マッサージ指圧師は歴史的にみて視覚障害者が主に就く職業の一つとなっており、多くの盲学校に養成課程があります。数は少ないですが、健常者が入学できる養成学校もあります。養成学校には社会人で入学する人も多く、独立・開業するにあたって初期コストが少ないことも特徴的です。優れた技術を持てば地域での評判を得ることもでき、身近な健康サポーターとして活躍することが期待されます。

資格取得のために

男の人

理学療法士の資格は、国家試験を受けてそれに合格することで取得できます。しかしまずは、その国家試験の受験資格を、大学や短期大学や専門学校に通うことで得る必要があります。国家試験は1年に1回実施されていて、基本的には筆記試験となっています。不合格となった場合も、翌年以降に再び受験することが可能です。

Read More

一生ものの仕事を考える

メンズ

国家資格は確かに難しく、ハードルが高く感じるかもしれません。ですが、取得者が少ない分優遇されたり働き方が選べたり、人生の選択肢を増やし、生活をより豊かにする可能性を秘めています。自分らしく生きるパートナーに成り得るのです。国家資格一覧から自分に合った資格を探してみてください。

Read More

医療事務の仕事がしたい

レディ

何らかの形で医療の仕事がしたい人に、医師事務作業補助の業務が人気です。医師事務作業補助とは医師の行ってきた事務作業をサポートすることで、資格は必須ではありませんが医師事務作業補助技能認定試験の資格を取得するとドクターズクラークRに称号が付与され、就職で有利なので資格は取得すると良いでしょう。

Read More